プロジェクト

スポーツ松山東雲高等学校アーチェリー部、アメリカの技術を学びより強く

はじめまして。愛媛県にある松山東雲中学・高等学校のアーチェリー部です。素人の指導者が初めて弓を引く初心者と共に、世界一という夢に挑戦しています! 愛媛県は47都道府県の中で唯一、高校にアーチェリー部がない県でした。それが、2007年に愛媛国体開催が決まった際、県内の高校にアーチェリー部をつくろうという気運が高まりました。 そして同年、松山東雲中学・高等学校にアーチェリー部が創部されました。指導者である山川厚先生は、広島の高校・大学で器械体操選手として世界をめざしていましたが、アーチェリーのことは全く知りませんでした。 初めて参加した、2009年の滋賀で行われたインターハイでは「すべての県の出場がそろった」と大喜びしていただきました。ですが、結果は全47チーム中47位。一番下からのスタートでした。 何が分からないのか、それすら分からない。全てが手探りの練習でした。そんな時に、兵庫県の五百蔵 正雄(いおろい まさお)先生にめぐり会いました。山川先生は自腹で兵庫に行き、さまざまなことを学びました。 そして、2015年の奈良のインターハイで初めて個人優勝をすることができたのです。その後も、毎年選手権大会などに出場し、入賞、個人入賞などが少しずつ増えていきました。 そして、私たちの目標は徐々に「世界」を目指す方向に変わりました。 「オリンピックに出たい、世界で戦いたい」そんな夢をみるようになりました。
page top